HAND.FOX

布小物をハンドメイドで制作し、公開しています。iichiでの販売も行っております。


テツコ。

黒柳徹子さんの本を

初めて読んでます。

「窓ぎわのトットちゃん」

を探して、図書館に行ったんですけど、

パソコンで貸し出し可だったけど、見当たらず

目に留まった

「小さいときから考えてきたこと」

という本を借りた。


内容は黒柳さんが子供に対して思っていることや

自分が子供の頃はこうだった、と言うような話。


はっきし言って、面白い話ばかり。


黒柳さんの本を読んでいると、

この方は子供をすごく愛していて、とても誠実な心を

お持ちなのだな、という事がよく分かった。

他人に対して、とても誠実。


誠実な心、私はどっかに置き忘れてしまってるかもしれない。

どこ行ったんだろう…?

学生のころは自分は誠実な人間だと思っていた。

けど、今の自分が誠実か?と聞かれると

自信を持って「誠実です。」と言えない気がする。


私は4歳以降、人生の本当の楽しさを味わったことがないです。

3歳まで、本当に楽しかったことを覚えてます。

いつからか楽しくなくなった。

楽しかった頃へ戻りたいといつも思っていたし、思っている。


こう思っているのは多分私だけではないと思う。

何故なら、一人が思っていることは大抵他の人も感じているからだ。


私は学校に関しても普通の子供と同じ扱いではなかった。

というか、自分がそうさせてた気がする。

保健室に通っていた時期もありました。


頭が悪かったわけでもないし、勉強すればできてたし、

ただ、集団でいることや他の子との関わりや、

興味のあることを規制される事に苦痛を感じてた、気がする。

けどこれくらいの事は普通だと思う。

ただのわがままと言えば、わがまま。

性格がそうだっただけといえば、そうなだけ。


子供の頃に心療内科に連れて行かれた事があったけど

別に、何かって病名をつけられたわけでもなさそうで、

原因は分かりません。

酷く大人に怯えていた記憶はありますけど。


はっきりとした病名が分かれば、そういう人だと認識されるんでしょうけど

中途半端に精神が変わってると、

性格がおかしいとか、怠けてるだけとかそういう風にとらえられて

周りも迷惑するし、本人も苦しいだけ。


はたして私は病気だったのでしょうか?

ただの性格でしょうか?

この本を読んでいて色々考えさせられました。


黒柳徹子さん、一回会いたいなぁ。

Comments


« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

fox(yuichi)

Author:fox(yuichi)
初めまして、皆さんこんにちは。
布モノ創作師のfoxと申します。
仕事柄ミシンを踏んでいるうちに
作る仕事がしたいと思うようになり
今に至っております。
まだまだ勉強中の身ではありますが、
どうぞよろしくお願い致します。

shop HAND.FOX iichi店

LINK
↑作品が購入できます。
是非お立ち寄りください☆by fox
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア





Archive RSS Login